最近のおれの唯一の楽しみは

イラストを描いて寝て

起きたときPIXIVを見て

評価がどうなっているか見ること。

早速、昨日徹夜で描きあげた『島風』さんを確認する。

おれ『島風ぇええwwwwwwwww』

安定の10点を獲得していた。

随分な伸び悩みだ。

愛情注いで描いた絵がこんな結果となってしまった。

いやなにより

愛情の注ぎ所を

間違えたんだろうな。

昨日、あんだけシャーペン絵について熱く語っておきながら

このざまだ^w^;

世の男性はいったいどんな絵を求めているのだろうか。

また迷宮入りしてしまったな。

『島風』が人気あるのはわかっているのだが、

風当たりは厳しいようだな。

シャーペン絵で描いている人はほんとんどいないし、

デジ絵で色塗ってても大した評価を得られないような厳しい戦場であるようだ。

ましておれの描いた絵は頭半分切れてるし、

あの一応パンツ?もうまく描けてない。

つうか黒をシャーペンで表現しようにもおれの技術じゃあコントラストとか表現できない。

様は、絵の選択ミスってことですね^w^;こんなら普通に模写すればよかったか^w^

ま、やっちまったこと今さら

とやかくいってもしょうがないな。

そもそも人の絵に頼ってる時点で終わっているのはわかっているが、

これがおれのイラストの楽しみ方なんでね。人それぞれってことよ。

こんな時、師匠だったらどうするんだろう・・・。

そんなもの確認する以前に

次の絵描いてるんだろうな^w^;

さすが師匠だな^w^;尊敬するわ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あとは画材の反省点だな。

塗るペン新規

最近購入した新しい塗りウェポンだ。

0.5mmで芯の濃さを

2つ飛ばしで4つ揃えた。

これで色の表現が4つ使えることになる。

いざ使ってみた。

おれ『う〜〜〜ん・・・

微妙な感じだ。なにが微妙って

0.5mmだと芯が細いから

塗った時にムラができてしまう。

(なんか線がいっぱいある感じ)

そしてなにより4つ使ったところで目に見えた色の表現ができない。4つも必要ないなw

唯一使えたとすると4Hだろう。

これは肌の影表現で活躍できそうだ。

よって3つはゴミとかした^w^;

塗るペン

やはりこの2つがいままでイラスト描いてきて

おれが最も信頼できる塗りのスペシャルウェポンだと思う。

0.9mmのHで

髪の毛(薄)・肌の影・白色の影

などを表現。

1.2mmの2Bで

髪の毛(濃)・服の濃い部分・濃い部分の影

などを表現。

あとは芯の当て方や組み合わせで塗り方を変えていく。

2本で表現できるところがいいな。

消しゴム

消しゴムは最初は上のZEROで消していたんだが、

あてが強すぎるせいでコピー用紙が擦れて

消した所が白くなり、スキャンした時にその

擦れた白い部分が浮き出てしまうのが

嫌になったので、

下のでかい消しゴムで

優しく一方向で繰り返し消すという

やり方に変えた。下のが物持ちもいいし、経済的だ。

クルトガ

はい、このペンが

下書き用兼、外枠担当の

ハイパークルトガ0.3mmちゃんだ^w^

(普通にただのクルトガ)

芯は2B。なぜかというと下書きを長時間続けると、

手の脂?で描いた部分が薄くなって

しまいには消えてしまうからだ。

まあ細かい濃い部分や外枠の濃い部分もいけるので

万能であることは間違いない。

このウェポンでPIXIVという戦場に挑もうと思う。

最近文房具屋いってみたんだが、

なんと2mmのシャーペンが売っていた。

こいつは塗りで使えるかもしれないから検討することとしよう。

ウェポンは問題ないだろうな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャーペン絵で生き残るには

『上手な絵を描くこと』と『企画』

物をいうと思う。

☆『上手な絵』というのは

『似ていること(類似性)』

『そのキャラらしさがあること(特徴)』

☆『企画』というのは

『見てそそること(卑猥性)』

『こんなの見たことない(意外性)』

これこそがシャーペン絵で

生き残る方法であると思う。

くっそ生意気に

またまた熱く語らせて

頂きました^w^;

前回描いた『島風』の反省点も踏まえ、もう一度構図を改めようと思います。

股の下だけが

絵じゃねえぞってことだなm9^w^:

にほんブログ村 イラストブログ 美少女イラストへ


気に入ったら↑↑ポチっとお願いします♪