夏が来ると、毎年思い出す。

あの夏のことを。

あれはおれが大学生の時、

おれは大学生とリネ廃人の二足のわらじで生活していた。

ある夏の日、大学の友人が

『みんなで海に行こう!』

という企画を立て、海に行くことになったんだ。

その前日、リネを夜中までやっていて、集合時間に間に合わず、

大遅刻をしてしまった。

おれは、人生初めて

年下達にガチ土下座をした。

(おれ3歳年上^w^;)

おっと、無駄話をしてしまったw本題に戻ろう。

ネトゲを毎日やっているということは、あまり外に出ないということ。

そう、この海に行ったことでおれは最高に

悲惨な目にあうのである。

当日、海に着く前の道中、コンビニに立ち寄る。

そこで友人が

友人『ポカさん、日焼け止め買ったほうがいいですよ』

おれ『そうだな!買っておこう』

コンビニに売っていた日焼け止めらしきものを購入した。

海へ到着。

各々がきゃっきゃはしゃぐ。

疲れたら日焼け止めらしきものを塗って、焼きまくる。

おれ達は夏の海を楽しんだ。

ここまではなんら問題はなかった。

帰宅し、身体に異変が現れる。

おれ『あれ・・・・身体が熱い!

          痛い!!

服を脱いで鏡で身体を見てみる。

おれ『なんだこれ!身体中真っ赤じゃねえか!』

おれの身体は日焼けどころか、

全身が軽い火傷を

しているような状態になっていた。

実は海で身体に塗っていた日焼け止めらしきものは、

日焼け止めではなく、

日焼けを促進させる液体であったのだ。

おれ『服が擦れただけで痛い!服着れないw』

悲鳴をあげていると、家族が何事かと見に来た。

オヤジ『お前、なんだそれw

     火傷してるじゃねえかw

笑いながら話しかけてきた。

笑い事じゃないんだがな^w^;

母『明日・・、病院行ってきな・・・

      (呆れてる感じ)

おれ『ひゃ・・・・ひゃい・・。』

その日、

おれはパンツ一丁で眠りについた。

おれ『(くそ、なんで海行った次の日に

   病院いかなきゃいけないんだよ^w^;)

そんな気持ちで皮膚科へ到着。時間がきて診察室に入る。

医者『今日はどうしましたか?』

おれ『はい・・・、実は昨日海に行って日焼けをしたら、

   身体中赤くなって激痛がはしるようになってしまったんです。』

医者『それは災難ですね・・。では服を脱いでもらっていいですか?』

Tシャツを脱ぐ。

医者『これはひどいwもしかして足もですかね?』

おれ『あ・・・、はいw』

医者『では、ズボンも脱いでもらってそこの台に寝てもらえますかね。

ズボンも脱ぎ

パンツ一丁で台に寝る。

医者『では、リンデロンという塗り薬を塗っていきます』

看護師さん(女性)が塗り薬を身体に塗っていく。

おれ『ぎぃやあああああ!!』

身体にちょっと触れられただけで激痛が走る。

パンツ一丁の男が

台の上で、もがきまくる。

看護師はもう天使ではなく

鬼に見えた。

なんとか死なずに処置が終了した。

医者『まだ服が擦れると痛いでしょうから、何日か家では

   何も着ずに過ごされたほうが良いかもしれませんね』

おれ『はい・・・、そうします』

おれはその日から1週間

パンツ一丁夏休みを過ごした。

夏の海って怖いね^w^;














~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~モシャス~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ポカ作品No.38川島瑞樹・島村卯月・城ヶ崎美嘉-モバマス:        

若い娘に混じって頑張る川島さん

38完成品
 なんとか3人絵を

仕上げることができました^w^

アイドルに年は関係ない!

おれはそう思います。

2人も魅力的ですが、

おれは川島さんを応援します^w^


川島さんは

おれの推しキャラですm9^w^(絵でね)


にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ


気に入ったら↑↑ポチっとお願いします♪