おれ『す〜ぴ〜す〜ぴ〜』

おれは部屋で就寝中・・・・・・すると

ドア『ドン!ドン!ドン!』

おれ『はッ!!!!』

いきなり部屋のドアが叩かれる音がした。

おれ『ちょ、誰だよ。おっかね〜よ』

オヤジ『おれだ』

おれ『な、何?どうしたのよ?

   (今何時だよ・・・・・・)

時刻は午前3時半。いったい何があったというのだ。

オヤジ『畑に何かいるみたいなんだ。

     物音がする

おれ『え!?』

オヤジ『見に行くぞ。ほら、これ持て』

おれ『おい、ゴルフクラブじゃねえかよこれ』

オヤジ『念のためだ。襲われたら叩けよ

おれ『これで叩いたら確実に死ぬな^w^;

オヤジと二人で畑を見に行く。

オヤジ『あんま物音たてるなよ。』

おれ『お・・・・、おう』

遠くから気づかれないように観察する。

???『ガチャ、バキ、バキ』

得たいの知れない生き物は家の畑のとうもろこしをおっ倒していた。

おれ『ありゃなんだ???』

オヤジ『あれは・・・・、ハクビシンだな


6180120 
  おれ『いや、たぬきじゃんあれ』

 オヤジ『いや、似てるけど違う』

 おれ『いや、たぬきだって。どう見ても』

 オヤジ『だからハクビシンだって』

 おれ『いやいやたぬきだってば』



オヤジ『ハクビシン

     だっつってんだろ!!!!!!!

おれ『わ・・、わかったよ。怒んなよ^w^;

そうこうしているうちにハクビ〜はおったおしまくっていた。

オヤジ『あいつ、でっかいとうもろこししか狙ってねえ・・・』

おれ『目利きだなあ。さすが良いもの探すのうまいねえ』

オヤジ『おい、お前おっぱらってこい』

おれ『なんだよ、結局おれが行くんかい・・・』

おれは静かに畑に歩み寄り、一気にしかけた。

おれ『てめえ、家のとうもろこしに

何手えだしてんだあああ!!!

  (ヤクザ風)

ハクビ〜『!!!!!!!!』

びっくりしたビシンは一目さに竹やぶの中に姿を消した。

おれ『ち、逃がしたか』

オヤジ『まあ、追っ払えたし、もう来ないだろう』

おれ『今度きやがったら、

    とっ捕まえて

   首輪つけて縄つないで

   一緒に散歩してやるからな!

オヤジ『犬かよ・・・・』

こうして狸、

いやハクビシンとの


戦いは幕を閉じた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~モシャス~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ポカ作品No.30渋谷凛:モバマス−ドレスな凛さん


30切り取り 
  ということでウェディングみたいなドレスで凛さん書きました。

  まあ拡大したらひどいことになってますよそりゃ^w^;

  凛さんは青系かなってイメージがあったんで青主体で塗りやした。

  でもコピックってほんと楽しいね。

  塗ったら主線消えちゃったり、色はみ出たり、にじんじゃったり(笑)

  でもそんな失敗を重ねて人って成長していくんだと思うよ。

  
  まあ絵に限らずなんでもさ、




『下手だからやらない』

じゃなくて

『下手だけどやってみよう』

な人におれはなりたい!
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
<
鉛筆イラスト ブログランキングへ
面白ければ↑↑1クリックお願いします♪