※ニーむすとはニートの息子の意味です。

モー娘の姉妹ユニットではありません。

これは3回目のニートになったある朝のことであった。

おれ『おっかさん、おれにあれ買っておくれ』

母『あれって何よ?』

おれ『い・・・・・・色鉛筆^w^;

すでに絵描きを始めていたおれは、

色塗りに色鉛筆を使おうと考えていた。

(コピックを入手する前のお話です)

母『え・・・?なんで

  今さら色鉛筆がいるのよ?』

おれ『なんでって・・・・・あれだよ・・・・』

『2次絵塗るのに使うんだよ』とは

   言えないので嘘をつく。

おれ『あ、あれよ。

   会社でPOP作る時に使うんだよ

母『いや、あんた

   今、働いてないじゃん

おれ『!!!!!!』

母『また無駄なもの買おうとして・・・・・』

ニートは諦めない!必死にごねる。

おれ『いいじゃないのよ!なんに使おうが!

   みんなも使えるし役に立つって!

   (絶対使うことはない)

母『わ・・・・・わかったわよ。買ってくるわよ

  (なに必死こいてるのこの子は・・・)

そう、たとえ色鉛筆だろが、

自分でお金はださない。

こんなゴミ野郎になっちゃだめだぞ^w^

みんな^w^

そして夕飯前。

母『ほら、買ってきたわよ。色鉛筆』

おれ『おおお!待ってたよ!

    ふっふ〜〜〜〜い♪

おれは極度の喜び、テンションが上がった時、

『ふっふ〜〜〜い♪』って

言葉がでる。(これは事実です)

そしてその夜、早速使うのかと思いきや、

線画まで書いて色を塗らない日々が続いた。

(たぶん1ヶ月ぐらい経ってしまった)

いつのまにか棚の奥へ色鉛筆は押し込まれていた。

今日、それをたまたま思い出して、棚から出してみた。

a10
  おれ『めっちゃほこりかぶってるやんww』

 まあそんだけ放置してたってことだ。

 おれは自分に問う。

 








別のおれ『お前、どうすんだよこれ』

おれ『このままじゃゴミになっちまうな』

別のおれ『人に買ってもらっといて

      いい身分だな^w^

おれ『ああ、最低な人間だおれは^w^』

別のおれ『お前、絵描きなんだから絵書いてこれ使って

      おっかさんに恩返ししろよm9^w^

おれ『おれに色を塗れというのかい?』

別のおれ『びびってんじゃねえよ^w^

      ここでやらねえとお前

      いつまでもたっても

      絵うまくならねえぞ

おれ『表現力をあげる訓練・・・・か。』

別のおれ『おう。まあ気楽にやれよ。

      誰もお前の絵見てないからよ^w^

おれ『うっせ^w^まあ気楽にやるわ^w^』

そしておれはまた絵を書き始めた。

今日はいつものおれと違う。

なんせ色を塗る作業が追加されているからな。

いつのまにか夜はふけ、

作業時間7時間程で、絵は完成した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜モシャス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ポカ作品No.25ナターリア−モバマス:海で焼いた後のダンシング】


塗り前がこれ↓


25塗り前
 UP絵にしました^w^

 やっぱいつものことなんだけど目がむずかった。

 まつげと目の交わる部分の微妙な違いで

 表情が全然変わっちゃうんですわ。^w^;












色鉛筆で塗ったのがこれ↓


25塗り後
  まあ、みんなもお気づきだとおもうけど

  肌の色が濃すぎたくさい^w^;

  褐色感を出そうとおもって濃い色を選択してしまった。

  完全にやっちゃった感がある中、

  途中で止めるのもしゃくなんで全部塗りやした^w^;

  あと、影表現しようと思ったら腋毛みたいになっちゃった^w^;






おれ『母さん!おれ買ってもらった色鉛筆やっと使ったぜ!

    そしたら腋毛生やした海帰りの女の子が書けたよ!

    これで恩返しできたね!でも絶対母さんには絶対見せないからね!

    こんなおれを許してね!!
  
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
<
鉛筆イラスト ブログランキングへ
面白ければ↑↑1クリックお願いします♪