みんな久しぶりだね^w^廃人ポカです。

ところでだ、プロも最近絵を書き始めたんだ。(おれの影響か^w^;?)

この前の記事で色塗った画像をUPしたんだけど、

あの色塗りに使ったペンはどこで手に入れたのか。

今日はそのヒストリーを書こうと思う。

伊達『んな、蛍光ペン買うなら

     コピック買っちまえばいいじゃん

あれはいつぞやのMr,MAX(大型なんでも屋)での出来事。

おれが蛍光ペン(妥協したペン)

買おうとしたら伊達ちゃんがこう言った。

おれ『コピックねぇ・・・。てかちゃんと塗れるかも心配だけどな。』

伊達『言っとくけど、シャーペンで書いたうまい絵と

    下手な絵に色塗った絵なら

    下手な絵だけど色塗ってたほうが

    評価高いからね(誰とは言わないけどね^w^;)』

おれ『!!!!』

その言葉でおれはコピックを買うことを決断した。

おれ『でもコピックって高いんだろ?金ねえぞ』

プロ『お前、今日金あるって言ってなかったっけ?』

おれ『あ・・・・』

そう。おれは今日、家のばあちゃんから

おれ『メガネを買いたいんだ、ばあちゃん。

   生活に必要なものなんだ!だから金くんろ!

と、お金をごねて貰っていたのだ。

実は、そのお金が結構余っていた。

おれ『おし、いくらかかるかわからないけど買いにいくか』

おれ達は千葉へコピックを買いにいくことにした。

店に到着すると早速画材が売ってる場所へ。

いくつか箱入りのコピックと一本ずつばら売りのコピックが置いてあった。

おれ『どれにするかね〜』

プロ『2、3本買ってもしょうがないから

      まとめて買っちゃえよ。

おれ『いやいや、おれの金じゃないから

                           それはできねっしょ』

プロ『後で、必要になってまた

                 買いにくるの面倒だぞ』

おれ『まあ・・・・そうだねぇ・・・。』

だんだん友人にのせられる(いつものこと)

プロ『そもそもお前の金じゃねえんだからいいじゃん』

おれ『・・・・・そうだな!買っちまうか!

    おれの金じゃないしな!(最低のゴミ野郎)』

箱入りになったコピックを持ってレジに行く。

店員『ではお会計、

   14700円になります』
おれ『14700円!!??』


想像以上に高い値段でびっくりしてしまった。

おれ『あ、すいません

     これ返してもらっていいですかw』

店員『あ・・・はい。

 (んだ、冷やかしかよこいつ・・・。)


一度みんなの元へ戻る。

おれ『さっきの14700円だってww無理だわww』

プロ『たっか!じゃあこれでいいじゃん』

おれ『これか・・・、っていっても9700円かよw

多少悩んだが、これにすることにした。

店員『ではお会計、9700円になります』

おれ『はい・・・。(ばあちゃんごめん!)』

そして新たな武器、コピックを手に入れた一行は帰宅。

その夜、早速コピックを使ってある絵を完成させた。


【ポカ作品No.0 封印されしデフォ楓】

封印されし楓  伊達『こりゃひどいな・・・・・』

 おれ『おれもそう思う・・・・』

 伊達『お前どうすんだ?こんな高いペン買っちゃって』

 おれ『大丈夫だ、おれの金じゃないからな』

 伊達『お前、鬼だな』

 おれ『人は時に鬼にならなければならないのだよ、君』

 伊達『で、これからはコピック使って絵書くの?』

 おれ『いや、シャーペンだけで書くわ』


伊達『買った意味ないじゃん^w^』

おれ『ばあちゃんほんとごめんな!!!』

その後おれがコピックを手にして

絵を書いた事は一度もないのであった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜モシャス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【プロ作品No.3高坂桐乃:俺の桐乃たんがこんなにメイドなわけがない。


プロ3 
 なんかまたプロが書いてくれました。

 意外と彼、絵描きにはまってしまったようですわ^w^














【ポカ作品No.21:藤原肇:肇、料理始めます】


21編集 なんだかんだでモバマス攻めてますわ^w^;

 そんでメイド服好きなんすよね。

 書き方もちょっと変えてみたんでこれから

 こういう感じで書いていきますよん^w^











【伊達作品No.1高垣楓:残業待ちで楓さんがお出迎えです】


伊達1  やっと伊達ちゃんが一枚書いてくれましたよ^w^

  やはり楓さんですな。0.3m一本でよく書けたもんです。

  今後、新たな作品が生まれるかは、彼次第です。







【ポカ作品No.22十時愛梨:とときんの寝起きん】  
  


22編集十時愛梨の寝起き姿を書いてみました。

ええ、わたくしは胸が大きい子が好きです。

隠すつもりもありません。だから

今後もこういう感じの絵を書いていくと思います。




もし、これから絵を書く人にわたくしから助言です。



自分のできる範囲で

モチベーションがあがる絵を

いっぱい書けばいいんじゃね^w^

(おれの迷言) にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
<
鉛筆イラスト ブログランキングへ
面白ければ↑↑1クリックお願いします♪