携帯『ぷるぷるん

伊達から着信が入る。

おれ『どうした?』

伊達『なあ、急で悪いんだが、この日聖地行かないか?

おれ『ほほう、伊達ちゃんから聖地へのお誘いとは珍しいな』

伊達『ああ・・、おれにとって重要なイベントがあるんだ

おれ『どんなイベントよ?』

伊達『まあ、いけばわかる!とりあえず行こう』

おれ『お・・・おう』

当日、聖地に到着し、早速伊達から指示が出る。

伊達『じゃあ、おれはロリコーンと合流して

     整理券もらってくるからちょっと時間潰しててくれ』

おれ『お・・おう』

何をしたいのか気になったので、プロ・まやに聞いてみた。

おれ『なあ、整理券って何のために取りいったの?』

プロ『ああ、モバマスカフェだよ

おれ『!。ああ、そういやモバマスにはまってるって伊達ちゃん言ってたな』

プロ『そうそう。色々展示物があったり、モバマスカフェでしか食べれないものがあるらしいんだ』

おれ『というか二人もモバマスやってるよな』

プロ『ああ、一応な』

まや『楽しいよ〜。ポカちゃんもやってみたら?』

おれ『課金・・・やばいんだろ?

プロ『モバマスを生きがいとしている人は金がいくらあっても足らないだろうな』

おれ『それ世間で言うと重課金っつうんじゃなかろうか・・・

プロ『そうとも・・・いうかもね。まあ楽しみ方は人それぞれだ

そうこうしていると整理券をもらいにいった伊達ちゃんから連絡が入る。

伊達『そろそろ時間だわ。○○に集合しよう。よろしく』

おれ達は合流場所に到着すると、二人はモバマスカフェの行列に並んでいた。

ロリコーン『ポカさん。久しぶり〜』

おれ『久しぶり〜、しっかしすごい賑わいだねえ。』

ロリコーン『期間限定ですからねえ。いっとかないと損しますよ』

おれ『まあ、おれモバマスやってないけどね^w^;でもどんなキャラがいるのかは興味あるな』

ロリコーン『あとここでしか食べられないカレーとかありますよ

おれ『カレー!?実に興味深いねぇ〜。こりゃ楽しみだわ^w^』

そしておれたちの順番がきたのでカフェに入る。

中は壁際にショーケースがずら〜っと並ばれていて、

その中にモバマスにキャラの顔と名前の台紙などが飾ってあった。

席につき、とりあえず食べ物を注文する。

おれ『え〜〜と、ん?〇〇ピンクカレー・・・・・?

伊達『ピンク色のカレーみたいだな・・・・』

食欲をなくしそうな感じがするメニュー名であった。

おれ『ん、あれ・・。主食ので注文できるのってこの4つだけなの??』

ロリコーン『そうみたいですね。』

おれ『なんか違うメニュー表に

 ホットドッグとか書いてあるんだけど、これだめなの?

ロリコーン『だめっすそれ』

おれ『おれこっちのホットドッグ食べたいな〜

                                   ・・・無理かな〜・・・』

ロリコーン『いや今やってないっすそれ。無理っす』

伊達『つべこべ言ってないで

           カレー食えよ!!!!!』

おれ『お・・・・おう^w^;』

諦めて〇〇ピンクカレーを注文した。

DSC_0007



おれ『本当にピンク色してんだな・・・。大丈夫かな・・・』

恐る恐る食べてみる。

おれ『色のわりには・・・、

     カレーの味でてるな


案外いけるもんだと、ぺろりとたいらげる。

ちなみに他の人は何食ったかというと、


DSC_0011
伊達ちゃんはなんかいかすみのパスタだそうだ。

こっちのほうがよかったかな^w^;

あと、みんなデザート頼んでたな。




DSC_0013
これやこれ。こった作りのケーキですわ。

これは正直頼んどけばよかったと後悔したな。あの時は。

まああれだな。





ここはモバマスやってる人には聖地と言える場所なんだろうな。

周りを見渡すと、

自作のモバマスドール人形と一緒に写真撮ってる人がいたり、

キャラのコスプレした人が騒いでたりとカフェは大盛り上がりであった。

おれ『しっかしこんなにキャラいっぱいいたら迷っちゃうね〜』

プロ『お前の推しキャラ見つかったか?

おれ『ん〜〜〜。お、この子可愛いね、名前は・・・高垣 楓さんとな』

伊達『ガタッ!!』

おれ『ん?伊達ちゃんどうした?そんな動揺して』

伊達『いや・・・・・別に・・・・』

おれ『よ〜〜し、じゃあおれこの子推しキャラにしますわ^w^

伊達『ガタッ!!!!!』

その後、高垣楓は伊達の推しキャラだと判明したのは言うまでもない。

そういえば高垣楓さんの誕生日は6月14日らしいんでそれにちなんで

楓さんを一枚モシャスさせて頂きました^うぇ^

もう完成してるんで6月14日にUPしますよん。みんな楽しみにしててね^w^




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜モシャス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




【ポカ作品10モシャス】


9こちらの先生の絵は髪や服や耳をきめ細かく書かれるのでかなりの労力を

強いられました・・・。でもなんやかんやおれはそういう細かい作業が好きなようで

髪の束一つ一つであったり、ベルトのチェック柄の一つ一つであったり、

まあできる限りやってここまででフィニッシュしました。

いや〜、しかしこの作家さんは男心をそそるいい絵をお書きになられますね。

これからも廃人ポカはリスペクトさせて頂きます^w^


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
<
鉛筆イラスト ブログランキングへ
面白ければ↑↑1クリックお願いします♪